贈り物のラッピング今と昔

ラッピング

最近贈り物用に商品を購入した時に常々思うのが、贈り物のラッピングが昔と違ってかなり進化したなということです。世間では科学技術の進歩ばかりが取り上げられていますが、時代の変化によってラッピングもかなりの進化をしていることを実感させられてしまいます。さて、そんな贈り物のラッピング、今と昔を比較してみると、昔はお店が単調にラッピングを行ってくれていただけだったのが、最近ではお店の側にラッピングを依頼するのではなく自分自身でラッピング用紙やデコレーション素材を購入してそれを使用したラッピングを行えるようになっています。

以前はラッピング技術は一般の人にはないため、お店の人に依頼しておくのが当然であると考えられていました。しかし、現代はラッピング素材が増えただけではなく、インターネットなどのラッピング技術や知識を無料で仕入れることができる環境ができたため、そのような背景からも自分でラッピングができるような時代になったのです。

そしてそのような時代だからこそ、ラッピングの自由度がかなり高まったと言えるでしょう。

お店でのラッピングは特に注文をしなければ包装紙でくるっと贈り物を包んでくれるだけですが、自分でカスタマイズできるラッピングの場合、自分が良いと思うラッピング用紙を使用できるだけではなく、そのラッピング用紙に様々なデコレーションを施し、世界に一つだけの贈り物を作ることができます。オリジナルのラッピングであれば、贈り物をする相手に驚きを与えるだけではなくそれだけ心を込めた贈り物であることを証明することにもなるでしょう。

このように、贈り物のラッピングの今と昔は非常に大きな違いがあるのです。ただ、ちょっとした贈り物をする時であったとしても、ラッピングの方法に自由度が高い分、どのようなラッピングが良いのかなど今の方がラッピングについて深く悩んでしまう機会は比較的多いのかもしれません。