壁ドンよりも頭ポン派です

仲の良い男女

日本ではどのようなものがブームになるのか全く分からないのが面白いところです。そんな現代の日本でちょっとしたブームになっているのが、女性が壁に背をつけ、そして男性がその女性を迫るようにして壁にドンと手をつく行為である「壁ドン」です。最初はこんなのブームになるはずが無いと思っていましたが、少女マンガの影響であったり、有名なタレントなどが面白おかしくパロディ化して行ったことから女性達の間で人気になりました。

そんな壁ドンですが、それを行う男性の見た目が非常に重視されることもあり(見た目が悪いと脅迫的であったりかなり滑稽な印象を与えたりするため)、誰でもが行えるわけではありません。私なんかもそれほど顔面の偏差値が高いわけでは無いですから、壁ドン派にはなれないと自負しています。しかし、壁ドン派にはなれないということから、異性を落とす際には壁ドンに匹敵するほどの効力を持つ行為をするようにしています。それが「頭ポン」というものです。
(参考:ブロッコリーの真実を教えましょう

頭ポンというのは、その名称からも分かるように、女性の頭をポンポンと叩く行為です。普通頭を叩くのは叱る時であったり、ある意味で暴力的なことを行うときであったりしますが、この頭ポンについては優しく頭に触れることから相手の女性にこちらの優位性を示すことができるとともに、軽いスキンシップで安心感を与えることができるのが特徴です。そしてこの頭ポンが、意外と異性ウケが良くてかなりの影響力を与えることができます。

これまで数々の女性に頭ポンをしてきましたが、ある程度の信頼関係が築けている女性の場合、この頭ポンで落ちた人数は優に5人は超えているのではないでしょうか。私はあくまでも白けた顔ですが、この行為だけでそれだけの女性を落とすことができるのです。そう考えると、やはり壁ドンなんかよりも確実性の高い頭ポンを頻繁に使う頭ポン派でいることが女性を落とす上では確実だと言えるでしょう。